パートナー Partner

佐山 展生Nobuo Sayama

米国を中心とした海外企業の買収案件を多数成約させた他、1997年に日本のM&A業界において前例のない 大型倒産企業のM&A案件の日債銀(現 あおぞら銀行)子会社で当時最大の1兆円を越す負債を残して破産したクラウン・リーシングの営業譲渡を成約。約3,000億円の不良債権を日本で初めてのバルク入札により 約3カ月で売却。この際のバルクセールの手法は、今日の日本の不良債権バルクセールの礎となった。1998年には大倉商事の破産事件にも関与し、日本の倒産企業のM&Aの先例となる。
1999年には実質的に日本で初めての大型バイアウト・ファンド、ユニゾン・キャピタルを共同立ち上げ。
2004年にM&Aアドバイザリー会社のGCAを共同創業。2005年に当時過去最大のMBO案件であるワールドMBO非公開化、2006年阪急阪神統合など日本のM&Aにおけるランドマーク案件多数を手懸ける。2006年には、日本で初めてのM&Aアドバイザリー企業の上場を果たす(東証マザーズ)、2012年には東証1部に指定替え。

 

<略歴>
1976年/ 京都大学工学部高分子化学科卒
1994年/ ニューヨーク大学MBA取得
1999年/ 東京工業大学大学院社会理工学研究科博士後期課程修了 博士(学術)
1976年/ 帝人においてポリエステルの重合に関する製造・生産技術開発および新製品の研究開発に従事
1987年/ 三井銀行(現 三井住友銀行)入社、M&Aアドバイザリー業務担当
(1990年~1995年 ニューヨークにて米州部M&Aチームの統括。その後、M&A専門部の企業情報部部長)
1999年/ 代表取締役パートナーとしてユニゾン・キャピタルを共同設立、東ハト、キリウなどへ出資
2004年4月/ GCA株式会社代表取締役パートナー就任
2005年10月/ 株式会社メザニン代表取締役就任
2007年9月/ 当社取締役パートナー就任
2008年3月/ 当社代表取締役パートナー就任(現任)

 

<著書>
「バイアウト」(共著、日本経済新聞出版社)
「社長の器」「社長の値打ち」「リーダーの危機突破力」(編者、日本経済新聞出版社)
「生涯現役論」(共著、新潮新書)
「経営財務情報の経済分析」(中央経済社)日本経営財務研究学会編、
「事業再生の担い手と手法」(商事法務)事業再生研究機構編、
「企業再生のための法的整理の実務:新会社更生法を中心として」
(きんざい)法的整理実務研究会編、
「経営学検定試験テキスト:現代経営の課題」(中央経済社)
経営能力開発センター編、
「プレパッケージ型事業再生」(商事法務)事業再生研究機構編共著、
「再生・再編事例集3」(商事法務)2004年3月出版など

 

<委員・職歴>
事業再生実務家協会(常務理事)、事業再生研究機構、日本経営財務研究学会、日本管理会計学会などの会員、
経済産業省:MBO研究会委員、プレパッケージ委員会、企業価値研究会、ファンド事例研究会、
金融庁:公開買付制度等WG、国土交通省:空港インフラへの規制のあり方に関する研究会、
東京証券取引所:種類株式の上場制度整備に向けた実務者懇談会、等各委員他

1999年/東京工業大学大学院社会理工学研究科非常勤講師
2001年/東洋大学大学院経営学研究科客員教授
2004年/一橋大学大学院国際企業戦略研究科助教授、2005年/同教授(現任)
2007年/京都大学経営管理大学院非常勤講師、2010年/同客員教授(現任)

 

<その他>
学術論文、学会発表、セミナー、講演会など多数