社外取締役 Outside Director

竹内 弘高Hirotaka Takeuchi

一橋大学 名誉教授
ハーバード大学経営大学院(ハーバード・ビジネス・スクール) 教授
専門分野は競争戦略、知識経営、マーケティング(新製品開発)、インターナショナル・ビジネスなど。東京とサンフランシスコのマッキャン・エリクソンでのアカウント・サービス及びマーケティング・リサーチ、またマッキンゼ-・アンド・カンパニーにおけるマネジメント・コンサルティングなどの実務経験も有する。
1993年10月のBusiness Week誌では、「社内教育プログラムの講師として世界でトップ10に入る経営大学院教授の一人」と紹介され、1996年4月のFortune誌では「これからの日本でパワーを持つことになるグローバルな視野を持った若い世代の知的リーダー」と紹介される。また、ダボス会議のような国際会議にスピーカーとして数多く出席。
 
<略歴>
国際基督教大学卒、カリフォルニア大学バークレー校MBA、博士号取得
1976年/ ハーバード大学経営大学院講師、助教授
1983年/ 一橋大学商学部助教授
1987年/ 一橋大学商学部教授
1989年/ ハーバード・ビジネス・スクール客員教授
1998年/ 一橋大学大学院国際企業戦略研究科長
2008年4月/ 当社社外取締役就任
2010年4月/ 一橋大学名誉教授
2010年7月/ハーバード大学経営大学院(ハーバード・ビジネス・スクール)教授
 
<その他>
主な著書に「ベスト・プラクティス革命」、共著に「企業の自己革新:カオスと想像のマネジメント」「異質のマネジメント」「The Knowledge-Creating Company」「知識創造企業」「Can Japan Compete?」「日本の競争戦略」「マーケティング革新の時代( 全四巻) 」「Hitotsubashi on KnowledgeManagement」「Extreme Toyota」「トヨタの知識創造経営」などがある。野中郁次郎氏と書いた「The Knowledge-Creating Company」は1995年度の全米出版協会のベスト・ブック・オブ・ザ・イヤー賞(経営分野)を受賞。